プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドウェイン・ジョンソンを観る

100205.jpg
02月05日
新作料金を払おうシリーズ第2回(たぶん2回で終わり)、ディズニーの「ウィッチマウンテン」を観た。

通称「ロック」様。
ロックといっても緑色の髪とミニスカートで宇宙を駆け巡る無敵の少年エスパーではない。
元プロレスラーの、愛嬌のある顔のおじさんだ。
「スコーピオン・キング」の頃からなんとなく私はこの人の「人の良さそうな感じ」が好きで、「ランダウン」も「ワイルドタウン」も「DOOM」も「ゲット・スマート」も観てきたが、ついにお人好し映画の殿堂、ディズニーのファミリー映画に出ることになったとは。
しかもすっかりなじんでいるし。
この映画はドウェイン・ジョンソンが役になじんで見えれば成功なので、その意味では立派な成功作だ。
ドウェイン・ジョンソンの存在感に負けないように、との配慮からか、敵役のおじさんも個性のある顔立ちのおじさんが配されていて、ファミリー向け映画なのにおじさんの顔を観ているのが面白いという、変な映画になった。
いや、見所はおじさんの顔ばかりではない。
近年ディズニー映画は心根を入れ替えたのか、子役に可愛い女の子を起用するようになった。
ディズニーが自社のブランドで製作する映画はファミリー層向けの作品ばかりなので、子供が登場する作品が多い、というか必須だが、しかしいままでディズニー映画の子役は「そこそこに可愛い」か「ほどほどに可愛い」というレベルばかりだった。
これは、可愛い過ぎる子が出てしまうとファミリー映画でなく、違うニュアンスの映画になってしまう恐れがあるからで、あえてその辺を考慮していたものと思われる。
それが最近は少し変わってきて、近作の「ベッドタイム・ストーリー」の女の子も無駄に可愛かったし、この「ウィッチマウンテン」の娘もかなりな美少女がキャスティングされている。
まあこの作品の場合は宇宙人という設定で役柄上生活感が必要ないからキャスティング可能だったのだろうけど。
こういう路線変更はどんどんやってもらいたいものだ。
スポンサーサイト

<< 貧乏チューンナップ | ホーム | 「ウルヴァリン」を観る >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。