プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ナイtミュージアム2」を観る

100119.jpg
01月19日
このテーマを邦画が作ると「魔界転生」となり、ハリウッドが作ると「ナイトミュージアム」となるのか。
国の歴史は我が日本の方がずっと長く、歴史上の面白そうな人物像にも事欠かないのだから、わが国もこういうしゃれた歴史映画を作ればいいのに。
もっとも、こういうのはあのカスター将軍にさえも釈明の機会を与えるなど史上の人物に愛がないと駄目で、だからつながりを感じにくい今の日本では難しいかな。
かつて「ゴーストバスターズ2」で自由の女神像が動き出した時、きっといつかはあのリンカーン像も動くのだろうなと思ったが、やっぱり動いた。
アメリカ人もこういうのは大好きなのだろう。
日本だったら、「大仏決戦」とか「観音像選手権」とかやったらどうだろうか。
もちろん優勝は高崎の白衣観音。
あれが一番バランス的に優れていると思うからだ。
主人公の設定を引き継ぐ限り続編は作りにくい構成だが、石版の設定だけを切り離して使えればいくらでも続きが作れる話だ。
次は大英博物館かルーブル美術館でやって欲しいな。
それか熱海秘宝館。
携帯電話を白黒写真の中で落としたのはたぶんなにかの伏線なのだろうと思ったが、ああいうオチだったとは。
モトローラって、人の名前だったんだね。
スポンサーサイト

<< 「天使と悪魔」を観る | ホーム | 高井プロ無事終了 >>


コメント

「ナイトミュージアム」とは関係ないですが、こんなのいかがでしょうか?
縞パンが飛びます。
http://www.gizmodo.jp/2010/01/36.html

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。