プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「トランスフォーマー・リベンジ」を観る

100113.jpg
01月13日
昨日はがくじるし先生の仕事の手伝いでフトコロが暖かかったので、思い切って新作料金を払って「トランスフォーマー・リベンジ」を観ることにした。
差額280円の超贅沢だ。
さて、トランスフォーマーはすでに世界観が出来上がりきっている作品だけに、続編でもそれを壊すことは出来ない。
だからストーリーは、
「実は昔にこんなことがありました」
「実はまだ仲間がいました」
「実はもうひとつ隠してありました」
…という、少年漫画誌で無理矢理連載を引き伸ばすための方便のような典型的な続編ストーリーで。その辺に新味は期待できない。
そこはベイ先生も分かっているのか、前半はシャイア君の新生活も恋人との危機もまるでどうでもいいことかのように(実際どうでもいいのだが)突っ走る。
ではベイ先生、どこが凄いのかというと、前作からたった2年で、しかもこの陳腐なストーリーから、これだけ豪華なスペクタクルを作り出してしまうというところだ。
いったいいくら予算があればこんな映画が作れるのだろうか。
凄いぞ、僕らのマイケル<大雑把>ベイ先生!
クライマックスになるにつれてそれまでの謎も伏線も味のある脇役もどうでもよくなって、前作同様
「勝ちゃあいいんだろう、勝ちゃあ!」
な米軍万歳の大乱戦になるあたり、<大雑把>ベイ先生の面目躍如、たぶんお祭り映画を撮るには必要な資質なのだろう。
かなり目立つシーンでの合成ミスも、「ちっちゃなことは気にしない」ということか!
スポンサーサイト

<< 「トランスフォーマー・リベンジ」その2 | ホーム | 「アオバ」を手伝う >>


コメント

トランスフォーマー・リベンジ、私も見ました。
スミソニアン博物館の映像が見れてうれしかった・・・

SR71がゴキブリのように見えるはなぜ?
米軍がR砲なんて秘密兵器を持ってたなんて、さすが映画。
現実でも開発中のようで・・・

Re: タイトルなし

> トランスフォーマー・リベンジ、私も見ました。
> スミソニアン博物館の映像が見れてうれしかった・・・
>
> SR71がゴキブリのように見えるはなぜ?
> 米軍がR砲なんて秘密兵器を持ってたなんて、さすが映画。
> 現実でも開発中のようで・・・

スミソニアンではどの機体が変形するのか、ちょっと楽しみでした(個人的に、リンドバーグの乗機ではないかと予想したのですが外れましたね)。
レールガンはデザインを見て笑いそうになってしまいました。
誰が考えてもあんな形になるんですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。