プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小規模感

100110.jpg
01月10日
画像のファイルネームは100110.
二進法みたいな名前だ。ニシンといっても魚じゃない。
「ボクと魔王」は一進一退、攻略本もないのでどのへんまで進んでいるのか判らない。
とにかく予算の無さそうなゲームで、センスでどうにか出来ない部分は非常に詰めが甘い。
一番まずいのは視点の設定が融通が効かないこと。
マップ上ではなんとかなるが、ダンジョンの中などではキャラクターが壁の向こうに隠れて見えなくなってしまい、なにが起こっているのか分からなくなってしまうこともある。
おそらく、テストプレイとかが不足しているのだろう。
ドラクエやFFなどのユーザーフレンドリーなゲームばかりやっていると、こういう時に面食らう。
ただ、このゲームの美点は(美点といっていいのかどうか分からないが)、最初から小規模感を漂わせていることで、そのため少々のことには目をつぶらなくてはいけないかな、という気分にさせてくれる。
もう少しやってみよう。
スポンサーサイト

<< 身近なスペクタクル | ホーム | 「ボクと魔王」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。