プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身近な諸星大二郎

100104.jpg
01月04日
このところ諸星大二郎ばかり読み漁っているもので、物事の見方や感じ方がだんだん稗田礼二郎みたいになってきた。
今回も帰省中、画像のような物を見ても、以前ならば「あー、どんど焼きだなー」としか思わなかったものが、今は
「祭りの手順を間違えると、封印されていた古代の邪悪な怪物が蘇ったりしてしまうのだろうか?」
…とか考えてしまう。
特に画像のあたりは旧来の風景が残る一方、近代的なごみ焼却場や、さらに近代的な長野新幹線の高架があったりして非常にアンバランスな土地なので、よけいにそう思えてしまうのかもしれない。
「身近な諸星大二郎」、探せばいろいろありそうだな。
スポンサーサイト

<< さいたまワンダーランド | ホーム | 謹賀新年 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。