プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の早川さん

091030_2.jpg
10月30日
私のひとコマ漫画もどこかから出版してもらえないものだろうか?
……と思ったが、こんな色気の無いものは駄目か。

しょうがない、また冬コミでていとくさんのブースにお願いしよう。
スポンサーサイト

幕張メッセ

091030.jpg
0月30日
それにしても、どうして幕張メッセは、あんなに遠いのだろう。
あんなものはもはや東京ではない。
すでに千葉でもない。
地の果てだ。
幕張メッセから先は世界は滝になっていて、そこから下を覗き込むと、大きな亀の背に乗った大きな象が世界を支えているのだ。
では日本以外の世界はどうなっているのかというと、実はハワイは千葉の沖合い20キロのところに浮かぶ、周囲300メートルほどの小島だ。さらに北米大陸は、そこから5キロほど沖にある、南北7キロの島に過ぎない。
実はこの世界は、東へ向かうに連れて、物理法則も含めたあらゆるものが正確な比率を保ったまま小さくなってゆく世界なのだ。
自分自身もどんどん小さくなってゆくから誰も気がつかない。
アメリカ人の平均身長はだいたい4.5ミリだ。
反対に西に向かうとどんどん大きくなってゆく。
千代田区を基準に考えると、八王子市民の平均身長は187センチ。
これが中国人だと2メートル35センチ、インド人だと17メートル。
フランスのシラク大統領の身長は370メートルで、エッフェル塔より高い(もっとも、このスケールではエッフェル塔は7万メートルくらいあるのだが)。
イギリスなんかは差し渡し27万キロもある巨大な島で、世界の端に、世界を取り囲むようにへばりついている。

…と、幕張メッセがあんまり遠いので、行き帰りの電車の中でプリーストの「逆転世界」のようなネタを考えていたのだが、漫画ではあんまり使い道がない。
どなたか、これで小説を書きませんか?

モーターショーイテキタ

091029.jpg
10月29日
というわけで、幕張メッセでやっている「東京モーターショー」に行って来た。
モーターショーに行くのは本当に久しぶりだ。
どれくらい久しぶりかというと、この前行ったのがいつだったか思い出せないくらいだ。
なぜこんなに間が空いてしまったかというと、混雑がいやだったからだ。
実は、今までのモーターショーは、ほとんど報道関係者のみが入場できるプレスディで見ていた。
高井先生のところにいた頃は小学館にプレスのチケットを取ってもらっていた。
「奇想艦隊」の時は徳間書店。
「新海底軍艦」の頃は角川書店。
それが中央公論で仕事をするようになってから、行かなくなってしまった。
どうにも仕事とのスケジュールが合わなかったのと、中央公論にはショーカーの記事を載せるようなうわついた若者向けの雑誌がなかったからだ。
こういうのは、自動車雑誌を出しているところは言うまでもないが、あとは総合雑誌か、若い男性向けの雑誌を出しているところが取りやすいのである。

今回自前で行く気になったのは、「空いている」と聞いたからだ。
まあこれが聞きしに勝る空き加減。
私が会場に到着したのは正午を少し回ったくらいだったが、すでにしてチケット売り場が閑散としている。
本当にここでモーターショーをやっているのか、もしかしたら会場を間違えたのではないかと不安になるくらいだ。
まあ、実際入場したらちゃんとやっていたが。
それにしても恐ろしいまでの地味な空気。
ビッグスリーがやってこないのは分かる。
本当にそれどころではないのであろう。
しかし、欧州車が全然来ないのはどうしたことか。
日本市場ではモーターショーへの出品と製品の売れ行きに相関関係が無いことを見透かされてしまっているのか、それとも、ハイブリッド車の技術でトヨタやホンダに先を越されていることがそんなにくやしいのだろうか。

まあとにかく、モーターショーで一番熱気のあるブースが「グランツーリスモ」だというのはなにか間違っているような気がする。
例の86コンセプトは、関心を持って見ている客がおじさんばかりなのが印象的だった。
ちなみに、展示としてはヤマハが面白かったかな。

東へ

091028.jpg
0月28日
今日は、これからちょっと東の方へ出かけてきます。
どれくらい東かというと、たぶん海が見えるくらい。
詳細は明日の日記で。
では。

生きてます

091027.jpg
10月27日
というわけで、地味に生きてます。
ちょー地味。
その辺の石をひっくり返すと、あわてて草むらに逃げてゆく虫のように。

ちょっと楽

091026.jpg
10月26日
今朝は昨日よりは体が楽だ。
さしものしつこい風邪も、ようやく治りつつあるのか。
ありがたい。
このままこじらせずに治しきってしまいたい。

直りきらない

091025.jpg
10月25日
歳をとって悲しいのは、カゼなどの直りが遅くなることだ。
明らかに快方に向かってはいるのだが、いまひとつすっきりと直りきらない。
これが老化ということなのか。
どうしようもないことと分かってはいるが、なんとなく悲しい。

「狂科学ハンターREI」読了

091024.jpg
10月24日
紛失したと思っていた中里融司先生の「狂科学ハンターREI」の最終巻が書棚の奥から発掘されたので、読了した。
つくづく思う。
これは、漫画だ、と。
一般的なライトノベルの、「漫画の方法論で書かれた小説」という意味ではない。
「作者の頭の中にある漫画のイメージを、文章で表現した」、ということだ。
本当はこれは、漫画で描かれるべき物語だったのだろう。
小畑氏がそのまま描いてくれていたら理想的だった。
今ならそのまますんなりとアニメになったに違いない。
微妙なタイミングのずれで続きが出ないままになってしまったのが残念だ。
もう少し、REIの違う活躍が読みたかったのに。

アオバ無事終了(しているはず)

091023.jpg
10月23日
とりあえず私の分担した分は昨夜無事完了した。
今頃は上州っ子のアシスタントが最後の仕上げにトーンを貼っていることだろう。
雑誌連載の世界はそろそろ年末進行に向けて締切の前倒しが始まるシーズンだ。
これも風物詩なのかな。

回って回って

091022.jpg
10月22日
昨日からがくじるし先生の「アオバ自転車店」を手伝っている。
今日の昼食はがくじるし先生がかっぱ寿司に連れてってくれた。
一枚百円の回るお寿司屋さんでも、今の私には遠い遠いパラダイスなのであった。
思わず、
「日本にパラダイスはあったんですねぇー」と、桂小枝のようにつぶやいてしまった私であった。

今日はがくじるし先生の仕事

091021.jpg
10月21日
今日はこれからがくじるし先生の仕事を手伝う。
今、打ち合わせから帰ってきたところ。
まだ微熱があり本調子でないので、だましだましのんびりやる。

今日はお休み

091020.jpg
10月20日
明日はがくじるし先生の仕事を手伝うことになったので、その前にカゼを直しておこうと思い、今日は1日寝て過ごす事に。
こういうのは得意だ。困ったことに。

仮想戦記三題噺

091019.jpg
10月19日
「仮想戦記三題噺」とは、IFCONで毎年行われる定例企画のひとつで、何故だか私は毎回ゲスト参加者としてここに呼ばれてしまう。
まあ、おかげで「飯島賞」を授与する名誉にもあやかれているのだが。
内容はご覧の通りのたわいの無いものなのだが、たまには他の作家さんにも参加してもらいたいものと思う。
吉田先生とかどうだろうか。

ぼーっ、とする

091018.jpg
0月18日
相変わらずカゼっ気だ。
てきぱきと家事をするほど調子が良くはなく、さりとて寝込んでしまうほど重症でもない。
仕方が無いのでぼー、としている。
まあ私はわりあい普段でもぼー、としているので、いつもと変わらない、ということなのかもしれない。
というわけで、特記事項無しです。

聞かなかったことにする話

091017.jpg
0月17日
いつも思うのだが、イラストレーターの長谷川正治先生は、いったいどこからあの数々の危ない話を聞いてくるのだろう?
あの人はもしかしたら、大英図書館のエージェントなのではないだろうか。
IFCONといえば、国防上の重要事項が民間レベルで語られる、国内では数少ないイベントだ。
CIAや公安、自衛隊、内閣諜報部の密偵が来ていてもおかしくない。
仮想戦記三題噺のあの理不尽なお題は、実はなんらかの暗号かもしれないのだ。
まああの暗号で何かを伝達できたらたいしたものだが。

というわけで、今日のひとコマでなんのことか分かってしまった方、あんまり言いふらさないでね。

カゼ気味

091016.jpg
10月16日
IFCONから帰って以来どうもカゼ気味だ。
IFCON会場かトレフェス会場でもらってしまったか。
新型インフルエンザでないといいのだが。
どうも漫画家は普段どこにも行かず、誰とも会わない生活を送っているため、この種の免疫力はどうしても低下する。
今日はおとなしくしていた方がよさそうだ。
ずっとおとなしくしているのだが。

KOU団の部屋

091015.jpg
10月15日
KOU団とは、(K)鋼鉄のアナバシスで(O)大いに盛り上がる(U)内田弘樹ファンの団、ということで、まあこのネーミングの元ネタは書くまでもないだろう。
ただでさえ高貫先生の企画部屋の裏なので参加人数が期待できないのに、肝心の内田君が欠席ときては企画自体が成り立たないか、と思われたのだが、どうしたものか4人もお客さんが来てしまった。
私を含めて総勢5人ではやるわけにもいかずやらないわけにもいかず、という中途半端な人数なので、ここはていとくさんの「架空戦記読書会」に相乗りさせてもらうこととした。
向こうも人数が少なかったので、合わせてちょうどいいくらいだ。
合体した相手がよかったのか、おかげでかなり高度な書評の部屋となって、当初の目的は果たせたのではないかと思う。
IFCONの参加者は客もスタッフも読書人として水準が高く、たいへん頼もしい。
私の様な漫画畑の人間はついていくのも大変だ。てかついてけない。
やっぱりたくさん本を読んでないと駄目だなあ。

トレジャーフェスタ、その2

091014.jpg
10月14日
というわけで、せっかく有明まで足を伸ばしたので、会場で一番安そうなニアを買ってきた。
ヨーコとセットで千円。
お店の人に「ヨーコいらないから半値にしてくれ」と言ったら、
「セットですので」
と、断られた。
水着のヨーコ、欲しい人いらっしゃったら差し上げます。

トレジャーフェスタでびっくり

091013.jpg
10月13日
昨日はIFCON打ち上げに参加後、御茶ノ水からJRで新橋、新橋からゆりかもめで東京ビッグサイトへ。
当初いく予定のなかったトレジャーフェスタへなぜ行く気になったかというと、知人のアマチュアガレージキットディーラーの方から、「碧ちゃんを製作中だから見に来てくれ」という連絡があったため。
だからなんでみんなこんなマイナーなものを作りたがるんだ?
夏のワンフェスの時の「ミラクルくのいち」もかなり驚いたが、いちおうあれは本編中で活躍しているキャラのスピンアウトだ。
それに同人誌とはいえ刷り増し、再録で400部くらい出している。
碧ちゃんは私が適当に作った漫画版だけのオリジナルキャラではなく最初から小説中に登場する、いわばオフィシャルのキャラだ。
ちゃんと居村版にも登場している。
だけどこの原型氏が選んだモチーフは、たった60部しか作らなかった「納屋碧ちゃんスクール水着写真集」の中のイラスト。
いくらなんでも細かすぎるだろう。

というわけで、運がよければ冬コミで、運か悪くても来年2月の冬フェスでこの碧ちゃんにお目にかかれると思います。
皆さん、お楽しみに。

IFCONイテキタ

091012.jpg
10月12日
居村真二先生がちょっと遠い所に引っ越されてIFCONに来られなくなってから4年目。
今年は中里融司先生も遠い所へ引っ越されて来られないと分かっているのに、さらに吉田先生と内田君も欠席とあっては参加も少々おっくうかな、とか最初は思っていたのだが、いざ始まってみるとゲストも豪華で実に充実したイベントに。
川崎市民プラザで行われた0回から数えれば今年は実に10回目。
まさかこんなに続くとは、とは誰もが言うところだが、少数民族ゆえの結束の強さあればこそか。
スタッフの皆様、本当にご苦労様でした。
私は御茶ノ水で皆と別れて一人有明ビッグサイトのトレジャーフェスタに向かったのだが、その話は明日ということで。

今日はIFCONの日

091011.jpg
10月11日
とはいえどうやら内田君は来られない様子。
本人が来ないのに俺だけいってもなあ、という気もするが一応用意だけはしておく。
画像は、「もしも鋼鉄のアナバシスが映像化されたら」というネタのひとつ。
背景に鉄橋が描いてあるのがポイント。
元ネタは「レマゲン鉄橋」ではなく「ネレトバの戦い」の方なので、その辺ひとつよろしく。
明日はIFCON会場からそのまま東京ビッグサイトへ向かう予定。
2日間だけ過密スケジュールだなあ。

こんな「鋼鉄のアナバシス」はイヤだ その2

091010.jpg
10月10日
さっき路上で初めてヒュンダイ:クーペを見た。
「とちぎ」ナンバーだった。
いや、群馬出身の私が栃木に対してなにを言えるものでもないが、この組み合わせの評価のしづらさには一瞬絶句してしまった。
なんといったらいいのだろう。
微妙。

「こんな鋼鉄のアナバシスはイヤだ」、明日は本番。

こんな「鋼鉄のアナバシス」はイヤだ

091009.jpg
10月09日
そろそろIFCONも近いので、ネタを描いておこう。
というわけで、もしも「鋼鉄のアナバシス」がゲーム化されたら。

戦車に乗って砂漠をうろうろする。
たまに賞金の掛かったモンスターを退治してお金をもらう。
そのお金でちまちな戦車をチューンアップしてゆく。
ストーリーはあるようなないような。
なんとなく世界を救ってなんとなく終わる。
10年後くらいに続編が出る。

…というようなゲームにはならないだろうけど。

「ラスト・コンティニュー」

091008.jpg
10月08日
テレビの向こう  小さなヒーロー
姫を救い出せ
リセット リセット
何度も リセット

この夏の大イベント、「ゲームセンターCX 24時間生放送」の主題歌「ラスト・コンティニュー」が、なんとなく好きだ。
ま、シロウトの作った歌ではあるわけだけど、なんとなくそれっぽい。
この「小さなヒーロー」、まあマリオでもドラクエの主人公でもいいわけだが、私が最初に思いついたのは「ゼルダの伝説」のリンクだった。
あ、「神々のトライフォース」の彼ね。

「マルチプレックス・マン」

091007.jpg
10月07日
なるほどなあ。
この小説が発表されたのは1992年。
ホーガン先生、「トータル・リコール」を観てしまったんですね。
そして思った。
ディックのあんな短編があれほどの大作映画になるのならば、最初から映画向きな話を書けばハリウッドが放っておくはずが無い。ようし、ここらで私も映画化されて一儲け…。
てなわけ(かどうか知らないが)で、この小説は隅から隅まで映画化に向くように書かれているっぽい。
映画化されたディック作品と共通する「自分探し」というテーマ、先の読めないスリリングな展開、大きなセットや高度なSFXを必要とせず、容易に撮影できるロケ中心の舞台背景、etc,etc。

でも映画化されなかった。
ホーガン先生の名誉のために言っておこう。
映画化されなかったのはあくまで結果であって、これほどの出来の小説だ、おそらく企画はあっただろう。
ある日ハリウッドのメジャー映画会社からエージェントがやってくる。
そして映画化権について契約がなされ、数名の脚本化がこの仕事のために雇われる。
しかし、そこで企画は暗礁に乗り上げる。
脚本が上がらないのだ。
多くの脚本化が仕事を投げ出してしまう。
どうしても原作の面白さを映画に出来ないのだ。

そうですよホーガン先生。
ハリウッドで大ヒットする映画になるためには、大スターが演じることの出来る主人公が必要です。
そしてその主人公のキャラクターは、最初から最後まで、ブレてはいけません。
「トータル・リコール」の中でシュワルツェネッガーが演じた主人公は途中で何度か人格の危機を迎えますが、最後まで観客が期待するシュワちゃんであり続けます。
それにくらべるとこの「マルチプレックス・マン」の主人公は、身体は常に同一人物ですが人格は頻繁に入れ替わってしまいます。
最初に現れた人格はおよそヒーローとは程遠い平凡な人物で、しかも途中で消えてしまいます。
二番目に現れた人格もヒーローにはなりえない独善的な人物です。
三番目はおじいちゃん。これもヒーローにはなりえません。
これでは、ハリウッドメジャーが納得する脚本にはなりません。

ホーガン先生、映画化を狙うなら、「造物主の掟」のカール・ザンベンドルフを主人公にした話を書きましょう。
彼ならヒーロー足り得ます。
映像化に予算が掛かりすぎる、と文句を言われたら、タイムスリップかなんかで現代に出現させて、ロケで済むようにしてしまえばいいのですよ。

というわけで、ホーガン作品の映像化を希望。

大量のDVD

091006.jpg
10月06日
高井プロの友人が大量にDVDを貸してくれた。
外に出るような天気でもないので、今日は一日それらを観て過ごすことにしよう。
…眠くなりそうな映画ばっかりなんだよな…。
旧共産圏のSF映画とか。

重い

091005.jpg
10月05日
CPUがファイル変換ソフトに占有されてて挙動が重いので、今日はひとコマ漫画の更新だけ。
また明日ね。

ダイソン球

091004.jpg
10月04日
最初は当然誰もが考えるように私も掃除機のダイソンと引っ掛けることを考えたのだが、うまくいかなかった。
掃除機のダイソンと百円ショップのダイソーではわびしさの度合いが異なるので、ダイソーと引っ掛けた方がせつなくて、漫画としての面白さも増すだろうと考えた。
てか、ありのまま?

亡念のザムド

091003.jpg
10月03日
昨夜からアニメ「亡念のザムド」を観始めたのだが。

なんだこの異様な気合の入り方は。
まだ冒頭のほんの数話しか観ていないので確たることは言えないのだが、それにしても「亡念」などというアニメらしからぬ言葉をタイトルに持ってくるあたりにスタッフの自信の程がうかがえる。
画面作りはあきらかに大画面TVで観ることを意識しているようで、描き込みも緻密だしレイアウトも奥行きを感じさせる。
色彩の使い方も大胆だ。
問題はこのテーマを描くためにここまでの設定が必要か、という点だが、それについてはもう少し観てみないと判断できない。
というわけで、しばらくは楽しめそうだな。

創聖のアクエリオン

091002.jpg
10月02日
「鋼鉄のアナバシス」ネタはそろそろ怒られそうなのであとはIFCON会場で。
で、「創聖のアクエリオン」だが。

パチンコのCM曲としてこの歌は何度もTVで流れたので覚えている方も多いだろう。
私は、この歌詞を聴いた瞬間に今日のひとコマ漫画の絵を思い付いた。
我ながら広がりの無い発想をするものだと落胆したが、パチンコで負けて、こう歌いながら帰途に就いた人も多いのではないだろうか。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。