プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

架空の本

100121.jpg
01月21日
私の世代だと漫画に登場する架空の本と言うとクロムヘトロジャンの「へろ」が有名だが、昨夜、この「へろ」に匹敵する大物に出会った。
それがこの諸星大二郎の「栞と紙魚子」シリーズに登場する架空の博物書、「直立魚類」である。
魚から陸上に上がり、ヒレが進化して直立して歩くようになり、ついには文明を築くに至った魚類のことを書いた本だ。
あまりのおかしさに、布団の中で笑い転げてしまった。
このシリーズは古書店を舞台にすることが多いため、他にもあるのかないのか分からない、変な本が多数登場する。
例えば、「世界靴下大図鑑・全35巻」って、世界中探しても、靴下のバリエーションってそんなに無いだろう、とか思うのだが。

架空の本ばかりを集めた図書館とかあったら面白そうだな。
内容は読む人が考える。
ウィキペディアのノリで、誰か架空のアイテムばかりを集めた百科辞典を作ってくれないだろうか。
架空の船舶部門ならば自分が関わったものがいくつかエントリーされる自信がある、てゆうか、すでにウィキの「艦隊シリーズ」の項目に載ってるか。
スポンサーサイト

モブシーンを描く

100117.jpg
01月17日
今回の高井プロ「上方落語へいらっしゃ~い」には野外コンサートの場面があり、観客として多くのモブシーン(群集シーンのこと)を描かなくてはならなかった。
自分の漫画ならばためらわずにデジタル加工によるコピー&ペーストで少人数の群集を何倍にも増やすのだが、高井プロの漫画だとこの手法が使いにくい。
キャラの頭身が約2.5頭身で頭が大きいため、表情が良く見えてしまう。
そのため面倒でも全てのキャラを手描きで描いた方が良いと判断して全部描いた。
重要なのはアナログかデジタルかという問題ではなく、その場面に合った最適な手法を瞬時に選択できるかどうかということだ。
今回は主人公と観客との距離感を考慮してアナログとした。
2.5頭身の愛嬌のあるキャラクターを描くのは楽しかったから、よしとしよう。

ぱらいそさいくだ

091125.jpg
11月25日
先日の形見分けでいただいてきた中里融司先生の蔵書の中に諸星大二郎の短編集があったので、ちょっと読んでみた。
そして、そのあまりの面白さに、そのままはまり込んでしまった。
一昨日からずっと諸星大二郎ばかり読んでいる。
あー、私もぱらいそへ行ってみたいものだ。

小銭が出来たら、近所の古本屋を巡ってみよう。

今日のひとコマ

081003.jpg
今日のひとコマ。

昔やった微妙な版権ものシリーズ、その2

080108.jpg
01月08日
というわけで、第2弾は「ヴィルガスト」のアンソロジーだ。いつの間にシリーズになったんだ?
昨日の「あげだま」の直後に、同じ編集さんから依頼された。
ただこのシリーズはこの時点ですでに2冊目であり、作家さんのラインナップはほぼ決まっていた。
だから新参の私としてはとにかく他の人とネタがかぶらないように注意しなくてはならなかった。
で、考えた末に、他の作家さんが一番やらなさそうなテーマということで、モンスターによる市街地の破壊スペクタクル、という事にした。
案の定誰ともかぶらなかったが、本来キャラクターで売るこのシリーズでそのテーマはほとんど意味はなく、単なる自己満足か、と思っていたら、かなり後になって別の編集さんから、
「背景がちゃんと入った漫画が1本でも載っていると本のグレードが上がったように見えるから、編集者としてはありがたいものだ」と言われた。
なるほど。あながち無駄でもなかったようだ。
これが売れたら次もある、と編集さんにいわれて実は次の巻のテーマも考えてあったのだが、残念ながら実現しなかった。
機会あればどこかで描きたいものだ。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。