プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有馬係長1日目

100202.jpg
02月02日
「東京は 雪といっても この程度」

あ。
俳句になってるな。

さて、高井プロ「総務部総務課 有馬係長」初日の作業だが。

やってくれますねえ林律雄先生。
原作の指定がいきなり
「古いユニヴァーサルの怪奇映画のような洋館」
ときたもんだ。
いまどき、そんな指示で誰が分かるってんだ?
・・・まあ、オレは分かったけどね。
思わずノリノリで、力一杯描いてしまったぜ。

というわけで今回はマッド・サイエンティスト有馬が大活躍の痛快編……になる予定だ。
期待せよ!
アップ予定は今夜の8時くらいかな・・・。
スポンサーサイト

高井プロ無事終了

091219.jpg
12月19日
先生が二日酔いで使い物にならなかったり原作が遅れたりエアコンが壊れたり、日々状況が変化するのが年の瀬の漫画作業の特徴だが、例に漏れず昨日の高井プロも、4日使えるはずの作業が結局3日しか使えないことになり、あわてて緊急モードで作業に入った。
こういう時、島村ジョウ君だったらマッハで加速装置が使えるのだが、私の加速装置はだいたい1.02倍くらいしか加速されないので、真面目に手を動かしてちまちま仕上げてゆくしかない。
さいわい残り時間が少ないことが判明した時点ですでにペン描きは終了していたので、チーフアシのS君にトーン貼りを一部を手伝ってもらって、なんとか時間内に完成させることが出来た。
高井プロの仕事でこんなにあわてるのは20年ぶりくらいだ。
S君、手伝いありがとう。

ギャラはすでに4日分もらっているので、1日分は丸儲けだ。

順調に進行中

091218.jpg
12月18日
連載を持っている漫画家の仕事場はどこもそうだと思うが、必要な資料が揃い、ひとたびシステムが稼動し始めると、猛烈な勢いで仕事が進み始める。
高井プロもそうで、もはや一名不足などなかった事かのように原稿を生産中だ。
まあ、これは前述したように、今回の仕事が時間的にかなりな安全率を見込んで予定が組まれていたからで、いつもの「有馬係長」の16枚ならば白紙からでも16時間であげてしまう仕事場なのだ。
というわけで、まずは次の「総務部総務課 山口六平太」の仕事に支障をきたす恐れがなくなったので、ちょっと安心。
残った分は六平田に参加しない私がマイペースでやればいいので気が楽だ。
でも、もしかしたらこのペースだと、今日中に全部あがってしまうかもしれないな。

高井プロ2日目

091202.jpg
12月02日
今回の高井先生の読み切りの舞台は、今を去ること40年前。
しかも先生自身が良く知っている場所と人物の話だ。
だからいつになく指示が具体的で助かる。
高井プロの仕事でこんなに先生からの指示が具体的なのは珍しいことではないだろうか。

というわけで作業2日目。
締切まであと8時間くらいだが、多分どうにかなると思う。

「PIN-UP」進行中

091127.jpg
11月27日
無謀なフルカラー本「PIN-UP」は、画像のような状況で、わりあい順調に進行中。
あとは師匠が旅行に行くかなんかして仕事場を空けるチャンスを待つのみ。
まるで空き巣狙いだな。

今日はこれからヤングキング「アオバ自転車店」の宮尾岳先生の手伝いだ。
ちょっとイテクル。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。