プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「電脳」轟拳な日々読者の皆様へ

管理らしい管理をしてこなかった管理人です。
すでにご存知の方も多いと思われますが、悲しいお知らせをしなければなりません。

去る2月7日、飯島祐輔先生が急逝されました。
毎年2回楽しみにしておられましたワンダーフェスティバル会場に向かう途中に倒れられ
そのまま帰らぬ人となりました。

葬儀・告別式は本日13時より群馬県高崎市「はるなくらぶち聖苑」にて無事執り行われました。
足元の悪いなかご参列いただいた方々にお礼を申し上げます。


主を失った「電脳」轟拳な日々は、もはや更新されることはありません。
しかしながら、今後 飯島先生の作品に触れ 興味を持ち ここを訪れるかもしれない
未来の読者のために可能な限り維持していこうと考えております。

最後になりましたが、これまで「電脳」轟拳な日々をご愛読いただきましたすべての読者の皆様に
飯島先生に代わりましてお礼を申し上げます。

ありがとうございました。
告別式

追記
先生の最期の状況についてお問い合わせがありまし
たので、管理人が分かる範囲でお知らせします。

先生はJR京葉線内で突然倒れられたそうです。
最寄の駅で救急車が手配されたのですが、病院に着
いたときにはすでに息を引き取られていたようです。

検死の結果特に異常は発見されず、おそらく急性心
不全だろうということでした。

享年52歳 はやすぎる最期です。
スポンサーサイト

| ホーム | 今日はワンフェス >>


コメント

今日、久しぶりにこのブロブを覗きこの訃報を知りました、非常に残念です。以前のブログの内容からも健康にはある程度気をつけているようでしたが、突然倒れられたとのこと、何が原因で倒れられたのですか?また先生はお幾つだったのでしょうか?
私も仕事で京急永山駅は使うので、もしかしたら知らずにどこかですれ違っていたかもしれません。故人の冥福を心より祈ります。

初めて書き込みいたします。
私は新旭日の艦隊のファンなのですが、先生の突然の訃報を知りとても驚いております。まだそれほどの歳ではないと思うのですが・・・
居村先生に続き、先生の訃報・・・戦記漫画のファンとしてはショックでしかありません・・・
故人の冥福を心よりお祈り申し上げます

先程、伊吹秀明さんのhpで飯島先生の訃報を知りました.
残念でなりません.
先生の作品は新海底軍艦から読ませていただきました.マンガ版の大胆かつ力強いアレンジに驚かされました.
新旭日の艦隊のはじけ振り、壮大、感動のラスト.
先生の描いたカッコいいメカニック、いい男、かわいい女子.
本当に楽しませていただきました.
私が後世世界に行ったら、また新しいマンガを読ませて下さい.
慎んでご冥福をお祈りいたします.

“新海底軍艦”で初めて先生の絵を見てファンになり、“新旭日の艦隊”で大胆なアレンジに驚き……この人の絵なら“新紺碧の艦隊”も見たいと思ってました。

先生のご遺族及び交友があった方々の落胆も図りしれない事は想像できます。だけど先生の事だから後世世界でもマンガを描いているかもしれませんね。


故人の冥福を心よりお祈り申し上げます。




久々に来て見てびっくりしました。いつかイベントで
お会い出来たらと楽しみにしてたのですが・・・
ほんと、残念でなりません。ご冥福お祈りいたします

初めて書き込みです。
自分飯島先生のことが好きで、HNに使っているぐらいなのですが、まさか後世に旅立ってしまっただなんて・・・

ご冥福をお祈りします・・・

掲示板で情報を知りました。
正直信じられません。
知るのが遅過ぎた気もしますが、
ご冥福をお祈りします。

初めて書き込み致します....
たまにしかこのサイトを訪れず、
本日やっと知る事になりました。
残念です、只々残念でならない、
心から御冥福お祈りします、安らかにお眠り下さい。

本日、「アオバ自転車店」12巻を買って、
初めて知りました。
その昔、コンバットコミックの読みきりで、
「轟沈するいち刹那」を見開きで描かれているのを
見て、「凄い描き方をしている方がおられる。」
と、その後、本屋をまわって「ドリフトガール」やら「新海底軍艦」やらと買いあさったなぁ・・。
52歳ですか・・・。
ご冥福をお祈りいたします。

今頃ですが先生のドリフトガールに惚れてずっと御作品を読み続けてました1ファンです。
今頃は天国で居村先生と続編の執筆に余念がないと思われます。
あと40年くらいしてそちらに参りましたら是非とも新作を読ませていただきたいと思います(^^)

残念です

検索して初めて亡くなられていたことを知りました。
ただただ残念でなりません。先生の「播磨vsヒンデンブルグ」の
画像は永らく壁紙にさせていただいておりました。
単行本は全巻揃えて未だに読み返しています。
ご冥福をお祈りするばかりです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。