プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧乏チューンナップ

100206.jpg
02月06日
そろそろ新しいPCが欲しい時期だが貧乏で買い替えが困難なので、現在スキャン作業にのみ使っているサブPCをチューンしてお茶を濁すことにした。
PCのチューンといえばまず筆頭は定番のメモリ増設である。
512MBを1024MBにアップ。
これだけでかなりな使い勝手の向上が見込める。
次はHDDの増量だが、これには少々問題がある。
中途半端な時期の製品なので内部接続はIDEだ。
だが現在ではIDE製品はむしろ割高、それに将来も期待できない。
SATA接続のHDDならば空いているものがあるので、IDEをSATAに変換するボードを使ってこれと入れ替えようかと考えたのだが。
ここへ来て気が付いた。
HDDを入れ替えると当然OSも入れ直さなくてはならない。
ところがこのPCはメーカー品で、OSはメーカーが付けてくれたリカバリーディスクの中に入っている。
その場合、ここまでパーツが変更されていても、リカバリーディスクは同一製品と認識してくれるものだろうか?
メーカーは言うだろう。「保証外です」と。
ブートドライブはそのままにして、データドライブだけを入れ替え、というのが一番安全そうだな。
それとも外付けに頼るべきか?
スポンサーサイト

<< 今日はワンフェス | ホーム | ドウェイン・ジョンソンを観る >>


コメント

USB外付けHDDをつけて容量UP。

はお手頃なのだが、やっぱし転送速度は遅いよね……。
安いと思って2TBなんて衝動買いしたけど、万が一フルバックアップしたら何十時間かかるんだろ?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。